お知らせ

大自然と文化が織りなす岐阜の紅葉

温泉寺、合掌村、中山七里など大自然や文化が織りなす岐阜の紅葉めぐり、色鮮やかな景色を満喫しに大江戸温泉物語 下呂新館へぜひお越しください。


大江戸温泉物語 下呂新館 インターネット宿泊プラン一覧はこちらから


●温泉寺

173段の階段を登り、見上げれば瓦葺の境内や渡り廊下と重なって、枝を張ったモミジやカエデが美しい姿を見せます。

夜間には地元の方によるライトアップも開催されます。 ライトアップ有


●湯のまち雨情公園

温泉街の程近くに位置する公園。清流が公園の中央を流れ、河のせせらぎを聞きながらのんびり紅葉散策ができます。
歌謡詩人 野口雨情が来遊した際に作った下呂小唄にちなんで名付けられた公園です。


●下呂温泉合掌村

世界遺産の白川郷のある白川村から移築した国指定重要有形民俗文化財の「旧大戸家住宅」をはじめ10棟の合掌家屋を備える観光施設。

2010年夏には桜と紅葉の『歳時記の森』がオープン。紅葉の木々を見ると、昔懐かしい秋の風景を思い出します。


●岩屋ダム

日本でも有数の美しさを誇るロックフィル式ダム。
澄み切ったスカイブルーと湖畔の新緑、水面に映る赤や黄色の広葉樹が鮮やかに彩られます。
そのまま上流方面へ進めば馬瀬川河畔へ通じます。


●中山七里

渓谷美は四季の景観に富んだ景勝地として知られ、飛騨木曽川国定公園に指定されています。

マイカーやJRの車窓から見る木々の紅葉や奇岩怪石に心を奪われながら、およそ28kmの道程をお楽しみください。


●玉龍寺

江戸初期に飛騨国主であった金森長近が再興した寺院。地元ではもみじの美しさから「もみじ寺」と呼ばれています。

100本を超える5種類のもみじが境内を真っ赤に染め上げ、心を躍らせます。


●横谷峡

白滝・二見滝・紅葉滝・鶏鳴滝の4つの雄大な滝があり、飛騨木曽川国定公園に指定されています。

荒々しい岩と、勢いある水しぶきとともに紅葉を楽しめます。


●御嶽パノラマライン

濁河温泉へ向かう県道から御嶽山を眺めながらドライブが楽しめます。澄んだ空気と手付かずの自然が堪能できます。

道中には大平展望台があり、御嶽山の噴火により流出した長さ日本一の溶岩流の跡を一望できます。


●巌立峡

御嶽山の溶岩で形成された絶壁「巌立」と紅葉の壮大なコントラストが魅力的です。
周辺の「がんだて公園」内三ツ滝に繋がる滝見遊歩道も散策が楽しめます。


●川上岳

標高1,626m。山頂近くにはドウダンツツジの群生があり、紅葉シーズンには多くの登山客で賑わいます。
山頂に高木はなく、大パノラマが楽しめます。
登山道入口から山頂まで約5km。(所要時間約2時間30分)。毎年10月10日前後が見頃です。


●位山官道「匠の道」

6世紀頃、飛騨の匠達が京の都へと向かう際に通った旧官道です。
現在は復元整備されましたが、歴史を偲ばせる石畳がところどころにあり、古のロマンに思いを馳せながら紅葉散策ができます。
例年は10月末頃が見頃です。


●馬瀬川河畔(老谷・清流大橋・美輝の里付近)

馬瀬地区を南北に流れる清流馬瀬川。
赤や黄色のグラデーションからなる紅葉のトンネルを通過すれば、気持ちが華やぎます。